読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ぼちぼち そこそこ

脱力と諦観でつづるおっさんの日常

京都市は「猊下」がお好き トラフィカ京カード発売

京都市のHPは難しい漢字の勉強になります。
京都仏教会との共同による「トラフィカ京カード」の発売について 〜金閣寺・銀閣寺の写真と有馬頼底猊下の「書」をデザイン〜
「猊下」ってのはあんまり目にしないことばです。高僧に対する敬称らしいです。
http://dictionary.goo.ne.jp/leaf/jn/57204/m0u/%E7%8C%8A%E4%B8%8B/
京都市のHPで「猊下」を検索すると有馬氏に対してだけ使われていることがわかりました。
ってことは京都市は有馬氏を京都でいちばんえらいお坊さんだと考えているということになりませんでしょうか。なぜ有馬氏がいちばんえらいと考えているのでしょうか。京都仏教会の理事長だからでしょうか。そうすると、有馬氏の後任の理事長に対しても「猊下」を使うんでしょうか。
なぞは尽きません。どうでもいいですが。
かつて古都税騒動で対立した京都市と京都仏教会ですが、さいきんは風向きが変わってきたようで、協調路線が目立ちます。今回のカード発売もその延長線上にあるのでしょう。なんかウラがありそうな気もしますが、これ以上はわかりません。
(過去エントリー)
またコンビニかよ 「京の七夕」白足袋は偉大です 仏教会と市が新事業