読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ぼちぼち そこそこ

脱力と諦観でつづるおっさんの日常

まずは行ってみよう 京都再発見カード

地元の観光スポットってあんまり行かないものですよね。そういう意味ではいい試みかも。

子どもたちの京都再発見事業 京都の小学6年生のための「京都再発見カード」の発行について 〜京都の子どもたちにこそ,京都の魅力に触れ,楽しむ機会を!〜
京都市では,本年3月に策定した「未来・京都観光振興計画2010+5」に掲げる「『市民の京都再発見』プロジェクト」の取組の一環として,京都仏教会や各寺院の御協力のもと,市内の小学校に通う6年生を対象に,冬休み期間に世界文化遺産6箇所を見学できる「京都再発見カード」を発行します。
http://www.city.kyoto.lg.jp/sogo/page/0000092728.html

本欄では京都市の施策をいろいろ取り上げていますが、これはホントにいいんじゃないでしょうか。
あえていうなら、以下。
これ、小学生が入場した分の拝観料は京都市が肩代わりして各寺院に支払うということなんでしょうか。それとも各寺院の純粋な「ご協力」なのかな。
もう1点。付き添いの保護者は無料じゃないので、まあ6年生にもなれば仲間で行くのかもしれませんが、付き添いが必要ならその分は自腹となります。家族で出かければそれなりに飲食もするだろうし。そういったプチ経済波及効果をねらっているのかもしれないと思ったりして。
どうせなら市バスの1日パスも付けてあげればよかったかもしれません。
京都の人に聞くと「観光地は正直あんまり行ってない」という人も多いような感じがしますし、素直に評価しておきましょう。
実際、どのくらいの児童が利用するのかも興味深いですね。
市民参加の審議会の議論で出たアイデアが実現するというのも好ましいことではないでしょうか。