読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ぼちぼち そこそこ

脱力と諦観でつづるおっさんの日常

サラリーマンの鉄則(笑)

30年近く会社で働いてきて、最近特に痛切に感じることがあります。

それは「自分の持ち場以外のことに絶対口を出さない」ということです。

サラリーマンの方ならわかるでしょうが、口を出そうものなら「なら、お前がやってみろよ」となるのは確実です。

もしくは、自分の持ち場でなにかあった場合に、他の人間からあれやこれや言われます。

30年も働いていると、組織でそれなりの立場になって、いわゆる部下もできます。そうなると、自分の身だけでなく、自分と同じ所属の部下も守る必要が出てきます。べつに彼らがかわいくてそうするのではなく、自分のためにそうしなくてはならないのです。トータルに「保身」するということです。

こういうメンタリティーが組織の活性化を著しく阻害しているのはわかっているのですが、自分の身には代えられないのです。

まあ「リスクを取らない」ということに通じるのかもしれません。組織で生きるってそういうことなのかなあ。