読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ぼちぼち そこそこ

脱力と諦観でつづるおっさんの日常

AKBとトランプ大統領

現在はピン(1人)で活躍できるアイドルがほとんど見当たらない。活躍しているアイドルはジャニーズなんかをみてもほとんどグループである。

1人ではアピールが弱いのだろう。キャラが強力な個性が不在だと言ってもいい。

この「アイドルのグループ化」は、メンバーの数が多いほど効果が大きいという一面があるようだ。その効果を最大限に追求したのが、いうまでもなくAKBとその派生グループだと言えよう。

1人1人の個性が弱いとしてもあれだけの数がいればファンからするともしかしたら1人くらいはお気に入りが見つかるかもしれない。売る側からするとうまく考えられた仕組みである。

また、グループ内のメンバーからすると、本人のキャラが弱いとしてもAKBの看板が補ってくれるという効用がある。メンバーはAKBという囲いの中に入ることで、ピンでいるより知名度を上げることができる。

こういう構図って、(ちょっとこじつけだけど)トランプさんが進めている保護主義とか米国第一主義となんか似通ってないかと思う。

トランプさんはアメリカの内側にいる人や、アメリカに迎合する企業はウェルカムだが、異を唱える人には厳しい。結果、どうなるか。「じゃあ、トランプさんの懐に入ったほうがラクだろ」ということで、一部の自動車メーカーなんかはトランプさんの意に沿った発言をするようになっている。AKBを目指す女の子たちのようなものではないか。

米国は依然として世界の超大国なわけで、強者としてそういう戦略はもちろんアリなんだろうが、時計が逆戻りしているような気がしないでもない。

AKBの手法がいつまでも続くとは考えにくい。同様に、トランプさんもいろいろと考え直す時期がいずれくるのではないかと思う。知らんけど。